医療保険への加入は定年までと考えて

医療保険と一口に言っても保障内容はさまざまですが、必要なのは入院給付金と手術給付金です。
無事故ボーナスやお祝い金、通院給付金や女性疾病特約といった保障は基本的に不要です。
イメージだけで保障は多いほうが安心と考えずに、要らない保障があるとその分だけ保険料が高くなり損をするという考え方ができるようになることが大事になります。
会社員の人なら、入院給付金は日額5000円が目安で、1入院の給付限度日数は120日型か60日型を選択するのが得策です。
また、医療保険は定年までに卒業することを目指すことが大事になります。
年金生活になれば、収入は夫婦合わせて月に20万円ほどになります。
仮に保険料が1人5000円として、夫婦二人分なら毎月1万円の支出が発生し、収支の悪化を招くことが目に見えているからです。
高齢になってから病院で長期の介護入院となったら不安だと考える人もいますが、入院給付金は常時医師の管理下にあり、治療に専念する状態での入院が対象です。
つまり、老後の長期入院では民間の保険は使えない可能性もありますので注意が必要になります。