医療費負担が心配ながん保険は加入し続けたほうがいい

高齢になるとがんへの罹患率が高まります。
日本人の2人に1人はがんになるといわれていますから、がん保険に入っておいたほうがいいのではないかと考える人は少なくありません。
がん保険の保障内容は商品により異なりますが、診断給付金のほか、入院給付金や通院給付金、手術給付金や抗がん剤治療給付金、放射線治療給付金などです。
がん治療は長引くことも多く、部位によって利用費の目安は異なりますが、胃がんの場合3割負担でおよそ30万円が目安になります。
実際に家計に大きな負担を及ぼすこともあるので、医療費の負担が心配になるのも無理はありません。
がん保険の診断給付金は入院日数や治療内容にかかわらず、がんと診断されたら100万円というようにまとまったお金を受け取れるので心強いです。
通常の医療保険は定年までと考えるのがいいですが、がん保険については定年後も加入しておくというのもひとつの選択肢です。
50代以降から乗り換えでなく新規に加入するのであれば、がんと診断されたら診断給付金を100万円、1回限りというようなシンプルな保障内容で割安なもので十分になります。